ガラスフィルム施工はHMOにご依頼ください

飛散防止フィルムで防災・安全対策

地震等の防災・安全対策としてのガラス飛散防止フィルム

近年の地震発生状況から窓ガラスに飛散防止フィルムを貼ることを検討している人も多いのではないでしょうか。
ですがフィルムメーカー、フィルムの種類が多すぎて、どんなフィルムを貼っていいか迷ってしまう・・・
本サイトは、そんな人の為の、Webページです。

防災・安全対策で窓ガラスに飛散防止フィルムを貼るのでしたら、
JIS A 5759に適合した飛散防止フィルムを使用しましょう。

JIS A 5759に適合製品は以下の規格を満たしたものとなります。

JIS A 5759で定義される波長300〜380nmの紫外線透過率が3%以下でなければならない
粘着剤力(N/25mm幅) 4以上
引張り強さ(N/25mm幅) 100以上
伸び(%) 60%以上

耐候性試験 2000時間
フィルムは、膨れ・ひび割れ・端の剥がれ等の異常がない。
粘着力は、基準値を満足しなければならない。

可視光線透過率は87%以下でなければならない
熱貫流率は5.9W/m2K以下でなければならない

ショットバック試験による性能 層間変位試験による性能
ガラス飛散防止フィルム・ショットバック試験 ガラス飛散防止フィルム層間変位試験
JIS A 5759 A法

人体衝突等でガラスが破壊された時の安全性の試験。
45kgの重りを30pの高さから振り子式に振り下ろして、
ガラス面に衝撃を加える試験

飛散したガラスの大きな破片を10個選び出し、その重量が80g以下、
且つ、最大破片の1個の重量が55g以下とする。
JIS A 5759 B法

地震によるサッシ枠の変形でガラスが破壊した時の安全性の試験
ガラスの飛散防止率は、95%以上とする。
(ガラスの厚みは5mm)


飛散防止フィルムの耐用年数
1番気になるのが飛散防止フィルムは、どのくらい保つのか?ではないでしょうか。
概ね目安は10〜15年前後です。
設置環境によっては10年保たないこともありますし、15年以上保つこともあります。

飛散防止フィルムの寿命に関わる例

準備中 結露がひどい
冬季、結露がひどい場所だと10年前後で飛散防止フィルム表面が白化(変色)の症状が出てくるようです。
結露が原因で飛散防止フィルムが剥がれることはありません。
準備中 日当たりが良い
飛散防止フィルムに使用されるアクリル系粘着剤は熱にも強い物が使用されていますが、日当たりの良い場所ですと10年前後で
黄ばみ(変色)歪み(均一だった粘着層が劣化により柔らかくなり厚みむらが生じてフィルム表面に波打ちが起こります)の症状が出てくるようです。
飛散防止フィルム表面が波打ちを起し始めたら粘着力が低下していますので、早めにフィルムの貼替えをしてください。
準備中 ガラスの種類
近年、建物に複層ガラスが使用されることが多いですが、
複層ガラスは断熱性能も高く、冬季は結露もしにくいので単層ガラスよりも飛散防止フィルムの保ちが良いようです。
準備中 天窓等の垂直面以外のガラス
天窓で傾斜や水平に設置された窓ガラスは5〜7年前後と垂直面よりも短くなる傾向にあります。
準備中 定期的に掃除をする
汚れを放置しているとフィルムの寿命にも影響します。
頻繁に掃除をする必要はありません。汚れが目立ってきたなと思ったら掃除をして綺麗にしましょう。
 その他 カーテンやブラインド、網戸の有無なども影響します。

お手入れ方法は?水拭きしても大丈夫?
水拭きしても大丈夫です。水で濡らしても飛散防止フィルムが剥がれることはありません。
汚れがひどい場合は水に食器洗い用の中性洗剤を少し入れたもので拭いてください。
飛散防止フィルム表面は傷つき防止のハードコートがありますので拭いた程度では傷つきません(ハードコートは鉛筆硬度試験で2H程度)
ブラシや研磨剤は使用しないでください。


次のページ 飛散防止フィルムの種類


ブログで飛散防止フィルムのメーカーや種類について投稿しています。
http://www.windowfilm-kanagawa.info/film/

ガラスフィルムの施工店
ガラス飛散防止フィルム施工店HMO

当店では飛散防止フィルムの施工を承っております。
まずは無料お見積りお申し込みください
http://www.housemate-online.jp
3Mスリーエム製フィルム取扱ページ
http://hmo-windowfilm.net
安価なノーブランド取扱ページ
http://hmo-web.com
スタッフブログ
http://windowfilm.at.webry.info
窓ガラスフィルム情報ブログ

神奈川県 東京・埼玉・千葉 施工エリア

愛川町(愛甲郡) 厚木市 綾瀬市 伊勢原市 海老名市 大磯町(中郡) 大井町(足柄上郡) 小田原市

開成町(足柄上郡) 鎌倉市 川崎市麻生区 川崎市川崎区 川崎市幸区 川崎市高津区 川崎市多摩区 川崎市中原区 川崎市宮前区 清川村(愛甲郡)

相模原市中央区 相模原市緑区 相模原市南区 座間市 寒川町(高座郡) 逗子市 茅ヶ崎市 中井町(足柄上郡) 二宮町(中郡)

箱根町(足柄下郡) 秦野市 葉山町(三浦郡) 平塚市 藤沢市 松田町(足柄上郡) 真鶴町(足柄下郡) 三浦市 南足柄市

山北町(足柄上郡 大和市 湯河原町(足柄下郡) 横須賀市

横浜市青葉区 旭区 泉区 磯子区 神奈川区 金沢区 港南区 港北区 栄区 瀬谷区 都筑区 鶴見区 戸塚区 中区 西区 保土ケ谷区 緑区 南区

本サイトで使用されている画像・文章を無断で転用することは禁止いたします

更新日 2017年10月10日